タッチ&トライイベントは駅ナカで実施しませんか?

駅媒体(イベント)2018.03.09

タッチ&トライイベントは駅ナカで実施しませんか?

例えば新車を発売するとき、家電や携帯電話を新発売するとき、

ユーザーに手に触れてもらい試してもらって

販売に結びつけるイベント(タッチ&トライイベント)を実施する際、

一番大切なのは多勢の人が、そこにいることです。

 

タッチ&トライイベントの場合、事前に告知をするケースもあるのですが

ほとんどは、人が集まるところにあてて実施をします。

 

そこで・・・・。

朝から晩まで人がたっくさんいる駅で

タッチ&トライイベントを実施しませんか?

 

例えばJR品川駅のイベントスペースですが・・・

なんと『車』も置けるんです!!

 

実際に2017年11月に三菱自動車の『エクリプス クロス』が品川駅に

展示(タッチ&トライではないのですが・・・。)されており、

帰宅途中のサラリーマンなどがバシバシ写真を撮っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

車好きの私も、もちろんバシバシ写真を撮ったうちの一人です。

 

 

そうそう、JR秋葉原駅にもイベントスペースがあり、

2015年5月に実施した『スマートキャンバス』は、

実際にたくさんの人が商品に触れて楽しんでいました。

エヴァンゲリオンモデルというのもあり、

すっごい人だったのを鮮明に覚えています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

駅でのイベントは1日から実施ができるのも魅力ですよね。

ちなみに、品川駅のイベントスペースは1日500,000円で

秋葉原駅は1日400,000円です。

 

ちょっと高い?と思ったあなた!!

これをご覧ください。

 

□品川駅利用者:約430,000人/日

□男女比率  :71.3㌫:28.7㌫

□駅利用者特性:ビジネスマン利用者が約65%を占める駅で、一番の特徴は

高所得者が多く、約25%の駅利用者が1,000万円以上の

所得があるアッパーサラリーマンが利用する駅。

(出典:首都圏センサス)

 

品川駅はワールドワイドにビジネス展開をしている一流企業の本社が多く

アッパーサラリーマン向けのPRには最適な場所で、500,000円/日は安い

と思われるのではないでしょうか?

 

秋葉原はというと・・・。

□秋葉原駅利用者:約240,000人/日

□男女比率  :72.4㌫:27.6㌫

□駅利用者特性:ビジネスマン利用者が約66%を占めるが、

学生の割合も約12㌫と高いのが特徴。

ビジネスマンの世帯年収は500万から1,000万円が

50㌫をしめ、独身の割合も高い。

(出典:首都圏センサス)

 

秋葉原駅もサラリーマンが多いのですが、学生も多い駅のため、

若者向けのイベントには最適の駅と言えます。

 

集客不要で数十万人の人にアプローチできるイベントスペースは

駅以外にあるでしょうか?

 

ご興味のある方は、駅のイベントに経験豊富な春光社へお問い合わせください。

https://shunkosha.lmsg.jp/form/11506/Qi81MhDo

watanabewatanabe
mautic is open source marketing automation