大注目の媒体、新型山手線(E235系)まど上チャンネルのご紹介!

電鉄・路線別2018.09.03

大注目の媒体、新型山手線(E235系)まど上チャンネルのご紹介!

みなさんは新型山手線をご覧になりましたでしょうか?

山手線E231系の後継車輌であるE235系(新型山手線)は

2017年5月に運行が開始され、それに伴いE235系の車内媒体も

販売が開始されました。

 

E235系の車内媒体は従来のE231系の車内とはがらりと変わり、

サイネージをメインとした車内となっております。

(媒体は後ほどご紹介します。)

 

当初、E235系は2編成しか走っておらず、

E235系の媒体自体には魅力を感じつつも

媒体接触の面でどうしても弱い部分があったので

交通広告業界では『これからの媒体』という認識でした。

 

しかし、その認識もそろそろ改めなければ・・という

時期が来て参りました!!

 

というのも、

現在の山手線E235系は20編成も投入されていまして、

10月には山手線全体の約半数である25編成に増車する予定です。

2020年春ごろまでには全49編成の投入を完了し、

既存のE231系との置換えをします。

 

弱点であった媒体接触の面も大幅に改善されていて、

(佐藤的に)交通広告で注目度No.1の媒体です!

 

それでは、大注目の媒体 まど上チャンネルをご紹介いたします!

 

 

■山手線E235系 まど上チャンネル

電車広告、首都圏、JR東日本、山手線、車内ビジョン(デジタルサイネージ)、山手線E235系 まど上チャンネル

電車広告、首都圏、JR東日本、山手線、車内ビジョン(デジタルサイネージ)、山手線E235系 まど上チャンネル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

料金       :800,000円(10月~)

期間       :7日間

秒数       :15秒(最大20分ロール)

面数       :1編成(11車輌)180面(3面×6箇所×8車輌 3面×3箇所×3車輌)

 

 

このまど上チャンネルのオススメポイントは、2つございます!

 

オススメポイントその1:画面が3画面セットで放映される。

オススメポイントその2:人気路線山手線なのにコスパがいい。

 

 

まず、オススメポイントその1:画面が3画面セットで放映される

というデジタルサイネージの新しいスタイルが魅力的です。

この3画面方式の放映では3画面を連動させること可能で

コンテンツの質をより高め、注目率を上げることに成功しています。

 

<東京スター銀行>

電車広告、首都圏、JR東日本、山手線、車内ビジョン(デジタルサイネージ)、山手線E235系 まど上チャンネル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<アンファー>

電車広告、首都圏、JR東日本、山手線、車内ビジョン(デジタルサイネージ)、山手線E235系 まど上チャンネル

 

 

 

 

 

 

 

 

他にも多数掲出事例がありますので、

ご興味がありましたらお気軽にご連絡くださいませ!

 

 

お問い合わせはこちら

 

 

「トレインチャンネルで山手線のみで放映できないですか?」という

問合せも多数あるのですが、山手線単線のみの媒体もあるにはあるのですが、

一番人気の路線ということもありどの媒体もかなりの高価格で設定されております。

 

ここで、オススメポイントその2:人気路線山手線なのにコスパがいい

についてですが、このまど上チャンネル、人気路線の山手線のみで放映される媒体で、

1週間80万円で掲出が可能です!

コスパが良すぎます!

来年度は続々とこの新型車輌が投入され、料金も変更となる可能性が高いので

その前に一度ご検討いただくことをオススメいたします!

 

 

今回まど上チャンネルをご紹介させて頂きましたが、

媒体自体は知っているが、編成数が少ないから検討してこなかった方や、

こんな媒体を初めて知ったという方にはぜひオススメいたします!

 

ご不明な点や媒体資料のご請求などございましたら

お気軽にご連絡くださいませ。

 

お問い合わせはこちら

営業部 佐藤翼営業部 佐藤翼
mautic is open source marketing automation